2017年10月11日

日本一短い川

2017年10月11日

ぶつぶつ川 1.jpg

和歌山県には日本最短の法定河川があります。「ぶつぶつ川」と言う名前で全長13.5mしかないのですが二級河川なのです。(ちなみに日本最長の二級河川も県内にあります。「日高川」と言う川です)
粉白川(このしろがわ)に流れ込む支流であり、水源が湧き水で、水が湧き出るときに、空気の泡がぶつぶつと出てくる様子から名前が付いたらしいです。(2008年10月21日、二級河川に指定されました)
近くの国道と鉄道のトンネルが造られる以前は、水量がもっと多かった等のお話を地元の人からお聞きしました。地元の皆さんから愛され守られている様子を強く感じた次第です。
場所は、那智勝浦町粉白、玉の浦海水浴場の近くにあります。国道沿いではないので少しわかりにくい所ですが、那智勝浦町、太地町、串本町方面にお越しの際は、是非お立ち寄り下さいませ。

 経理 松本
posted by 柳屋スタッフ at 14:12 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする